ストレス関連疾患について

新年度、部署移動や職場の体制の変更など環境が様々に変わられたのではないでしょうか?
新しい環境で頑張るしかない状態で約3カ月が過ぎたことになります。
ストレスが慢性的にかかっていくと “ ストレスから病気 ” に陥る可能性があります。
今回は“ストレス解消法”を1つご紹介します。この機会に心身の自己点検をしてみてください。

セラピールーム-リトリート

「ストレス関連疾患(心身症)」とは?

ストレスが改善されず慢性化していくと、メンタルヘルス面での疾患だけでなく、身体面での疾患に至ることがあります。以下に代表的なものを示します。
これらの疾患の原因がすべてストレスによるわけではありませんが、これらの疾患を発症した場合、“疾患の発症や経過にストレスが関係していないだろうか?”を点検してみてください。もし疾患にストレスが関係していると判断される場合には体の治療と共にストレス状態の改善についても考慮する必要があります。
※疾患の改善にとって、ストレスの対処方法の工夫などが有効な場合もあります。

【 呼吸器気系 】 気管支喘息、過換気症候群
【 消化器系 】 胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、心因性嘔吐
【 循環器系 】 本態性高血圧症、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)
【 内分泌・代謝系 】 単純性肥満症、糖尿病
【 神経・筋肉系 】 筋収縮性頭痛、痙性斜系頚椎、書痙
【 皮膚科領域 】 慢性蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症
【 整形外科領域 】  慢性関節リウマチ、腰痛症
【 泌尿・生殖器系 】 夜尿症、心因性インポテンス
【 眼科領域 】   眼精疲労、本態性眼瞼痙攣
【 耳鼻咽喉科領域 】  メニエール病                      
【 歯科・口腔外科領域 】 顎関節症

「筆記表現法」 とは、ストレスを感じた出来事やその時の感情などを紙に書き出す手法です。これを3日間 続けてみてください。自律神経を整え、睡眠の質を高めることができるかもしれません。

~ チャレンジしてみませんか? ~
・ 寝る前にストレスを感じた出来事やその時の感情について15分程度紙に書く。
・ ストレスを感じたことを思い出すだけでなく、心の中で整理 するため、
じっくりと時間をかけて書く ことがポイント。
※書き終わったら、紙を破ったり、丸めて捨てることもストレス解消になるかもしれません。

関連記事一覧

  1. tr-retreat.jp

    「心身症」って何?

  2. tr-retreat.jp

    質の良い睡眠をもつために

  3. マインドフルネスについて