「アサーション」

4月から、新しい環境に慣れるのに必死に頑張られてきた人もいるのではないでしょうか?
新しいメンバーとの人間関係はうまくいっているでしょうか?
コミュニケーションのとり方は、「スキル(技術)」を身につけることでスムーズにおこなえるようになるものです。そしてスムーズなコミュニケーションはストレス軽減につながります。  
今回は、「アサーション」というコミュニケーション・スキルをご紹介します。

tr-retreat.jp

1、あなたは会話の場から立ち去ったり、別れを言ったりすることができますか?
2、あなたは人と異なった意見や感じを持っているとき、それを表現することができますか?
3、あなたは適切な批判を述べることができますか?
4、あなたの行動を批判された時、受け答えができますか?
5、あなたに対する不当な要求を拒むことができますか?
6、あなたの話を中断して話しだした人に、そのことを言えますか?
7、あなたはパーティや催し物への招待を受けたり、断ったりできますか?
8、あなたに対する人の行為がわずらわしいとき、断ることができますか?
9、 あなたが援助や助言を求められたとき、必要であれば断ることができますか?
「はい」が5つ以上あったでしょうか? 
5つ以上「はい」があれば「アサーティブ(さわやかな自己表現)な人」あるいは「アグレッシブ(攻撃的)な人」といえます。

アサーションの理論では、コミュニケーションのタイプを大きく3つにわけて考えます。

「いいえ」が多かった人はノンアサーティブ(非主張的 )な人です。自分の感情は押し殺して、相手に合わせてしまうためストレスがたまってしまいます

アサーティブな人は、自分の気持ちや考えを相手に伝えますが相手のことも配慮できます。自分も相手も大切にできるのですもう一つのタイプであるアグレッシブな人は、自分のことを中心に考え相手のことは全く考えずに主張してしまいます。このタイプの人は、自分の欲求を押しつけてきますから押しつけられた相手はストレスがたまります。          

皆さんはどのタイプでしょうか? 接する相手によってこのタイプが変わる人もいます。
まずは自分がどのような時にアサーティブでない態度を取っているか振り返ってみましょう。
自分のタイプを知りアサーションを是非身につけてください。

関連記事一覧

  1. tr-retreat.jp

    「6月病」が増えているそうです

  2. tr-retreat.jp

    こころに響く本

  3. tr-retreat.jp

    早くおうちに帰ろう